アーユルヴェーダとカーヤチキツァ


人生の4つの目的は、快感・世俗的成功・義務・精神の幸福と言えます。このプルシャルタ(Purusharthas) と呼ばれる4つの目的を達成することができる唯一の手段は、身体です。その可能性を主に阻害するものは、加齢と病です。

賢者たちはヒマラヤに集い、これらの障害を打ち消し、人間の経験を深め、精神を発達させるための方法を突き止めました。彼らうち最も適任とされたBharadwajという賢者は、その答えを導き出すために選ばれ、深い瞑想の末、答えのビジョンを得ました。そして彼はその啓示を仲間の賢者たちに託し、その答えが極めて効果的であるとみなされ、アーユルヴェーダの基礎が作り上げられたのです。

その後、のちにVidyaranyaとして知られる賢者Madhavaが、診断法、ヴァーグバタ(Vagbhata)という物療法の原理、スシュルタ(Sushruta)という手術の実践、そして治療学の意味を解き明かしたチャラカ(Charaka)を発達させました。2500年後の今日においてなお、チャラカ サムヒタ(Charaka Samhita)とスシュルタ サムヒタ(Sushruta Samhita)という経典が残っていることからも、彼らの医学への貢献は比類なきものであることが分かるでしょう。そして、この2つの経典は、エジプト、ペルシャ、アラブ諸国、ギリシャ及びヨーロッパへと渡り、現代の逆症療法として世界中で広がりました。

アーユルヴェーダ  ( カーヤチキツァ ) のもっとも重要な功績は、二千種以上の植物の薬効を分類したほか、形成手術の始まりとなった皮膚移植、帝王切開、切断術、白内障手術を発祥させたことです。そしてブッダの主治医であったアーユルヴェーディック医師のジーヴァカ(Jivaka)は頭蓋手術を成功させています。

アーユルヴェーダは以下のように理解できます:意識は、それ自体が発する、微細な「Om」または「Aum」という振動によって現れました。この「Om」という音は、自然が自然自体と調和している音であると言われています。これはビッグバンの共鳴かもしれないし、今日の理論では説明がつかないものかもしれません。

この振動は、空/アカーシャ(Akasha)の要素を作り出した始まりです。空は拡大するにつれて空気/ヴァーユ(Vayu)を作り出し、この空気の動きが、摩擦による熱を産み出しました。この熱の粒子は互いに作用して、光を、そして火/アグニ(Agni)を作ります。火は空の水蒸気を凝縮して水/ジャラ(Jala)を作り、水は地/プリティヴィ(Prithvi)へと固化していきます。そして原因因子と、原子から構成される分子が生まれます。これらの要素の変質とその過程は、実際の要素と同じくらい重要であることに注意してください。

「空」を構成するとされる、全知(OMniscience)、全能(OMnipotence)、偏在(OMnipresence)は、運動「空気」、摩擦「火」、凝縮「水」、凝固「地」となりました。「空」は核エネルギーを、「空気」は電気エネルギーを、「火」は放射エネルギーを、「水」は化学エネルギーを、「地」は力学的エネルギーを導きました。

宇宙のすべてのものは、物質とエネルギーの切り離すことのできない関係性を表す生物の基本的構成単位からなっており、私たちもこの要素からできています。

分かりやすく見てみると、「空」の要素は私たちの口腔・腸・気道に存在し、「空気」は心臓の鼓動や肺における呼吸、神経系の電気信号などにおいて、また「火」は代謝や、光を感じる網膜の機能として見られます。「水」は粘膜、細胞質や血しょう、「地」は身体構造、骨や筋肉や細胞として見られます。

これらの要素が人体のかたちを成すときには、結合してドーシャ(「空」+「空気」=ヴァータ:Vata、「火」+「水」=ピッタ:Pitta、「水」+「地」=カファ:Kapha)となり、DNAの配列を決め、人それぞれで違う生理機能を形成します。

また、これらの要素にはそれぞれに対応する臓器があり、過剰な刺激があるとこれらの要素がバランスを崩し、体調に支障が出ます。病気を引き起こす原因には他に、カルマや、うまく処理されなかった感情などがあります。一般的に、ドーシャのバランスが崩れていると体調に支障をきたすとされているので、アーユルヴェーダの目的は、ドーシャのバランスを整えて調和させること、つまり、ドーシャのバランスを私たちの本質に近づけ、本来の自分の姿を取り戻すことにあります。

私たちShesha Vedic Sciencesは、この過程を助長し、自己回復への道しるべになるよう、ライフスタイルのコンサルティングと伝統的なトリートメントを提供します。



コンサルテーションとサービス

デトックス、若返り、またはドーシャのバランス (ユクティヴィアパシュラヤ チキツァ/Yuktivyapashraya Chikitsa) についての詳細は、コンサルテーションのご予約にて承ります。


★  コンサルテーション  ¥ 20,000 


アハラチキツァ(Ahara Chikitsa)、マルマチキツァ(Marma Chikitsa)、ヴィハラチキツァ(Vihara Chikitsa)、アチャラチキツァ(Achara Chikitsa) の詳細は、コンサルテーションのご予約にて承ります。


その他のアーユルヴェーダの手法については、下記のリンクを参照ください。



  

▸     ヨーガ チキツァ


▸     シャブダ チキツァ


▸     ガンダ チキツァ


▸     ラサヤナ&ヴァジカラナ


▸     ヴァチカ チキツァ 


▸     グラハ チキツァ


▸     ヤーギャ チキツァ 


▸     ダイヴァヴィアパシュラヤ チキツァ


▸     サットヴァジャーヤ チキツァ



アーユルヴェーダの講義(認定証あり)

▸   2. アーユルヴェーダ入門  ♡✿▲
1時間× 20 回= ¥ 250,000 オンラインまたは対面


▸   3. アーユルヴェーダの診断法 ♡✿▲

1時間× 20 回= ¥ 200,000 オンラインまたは対面


▸   4. アーユルヴェーダのトリートメント ♡✿

1時間× 20 回= ¥ 200,000 オンラインまたは対面


▸   4a. アーユルヴェーダの薬理学 1 ♡✿

1時間× 10 回= ¥ 100,000 オンラインまたは対面


▸   4b. アーユルヴェーダの薬理学 2 ♡✿ 

1時間× 10 回= ¥ 100,000 オンラインまたは対面




★  サービスまたはコンサルテーション

  認定証なし

  認定証あり

▲  シェーシャヴェーディックカウンセリングプログラム™